ハチャプリから始まるリハーサル

今日は朝から週末にある結婚式での演奏のリハーサルです。

こういうアルバイト関係のリハーサルは、いつも場所を決めるのに頭を悩ませます。

みんなが納得するのは楽友協会にあるわたしたちのオーケストラの楽屋なんですが。。。
そこだと車で来る人は駐車場探したりするのが大変だったり、同僚が出たり入ったりすることもあるのでなんだか落ち着かないんですよね。

と、いうわけで今回はクロースターノイブルク(Klosterneuburg)という街に住む、同僚の自宅でリハーサルすることになりました。

クロースターノイブルクはウィーンから20分ほど北に行った場所にあるエレガントで美しい街。
大きな修道院があることでも有名で、ウィーンに観光に来る人たちも足を延ばして訪れたりする場所なんです。

ちょっと早く着きすぎてしまたので、天気も良いし少しブラブラ散歩。

なんてことないその辺の小道がいちいち可愛いんですよねー。

駅から修道院の尖塔が見えました。

約束の時間になったので、同僚の家へ。
彼女の家は、作りといい装飾といい、まるで美術館のようなところ。
室内は写真載せられないから、せめて中庭だけでも。。

ね。なんかもう。。ただごとじゃないでしょう。。。?(笑)
ただの賃貸物件がこれですよ。。。

リハーサルを始める前に、コーヒーでも!よかったら朝ごはんもあるよー、と同僚が豊かに飾られたテーブルに誘ってくれました。

同僚の旦那さんはグルジア人なので、朝ごはんもグルジア料理でした。

これはハチャプリというチーズの入ったパンケーキのようなお料理。

めっちゃおいしい。

今回の結婚式のアルバイトのメンバーはウクライナ人、日本人、ロシア人、オーストリア人という組み合わせの弦楽4重奏。

ウィーンは人種の坩堝のような街だし、音楽家の世界はとてもインターナショナル。

一時は一触即発になった国同士の人たちがにこやかに朝食のテーブルを囲んで一緒に美味しいもの食べてるのを見ると、なんかぐっとくるものもある。

あまりにくつろぎすぎて、リハーサルするのを忘れてしまいそうな午前でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました