学校のホールの練習だけど学校っぽくなさすぎる件について

今日は朝早くから、アルバイトの練習。
しかも、日本人の曲で日本人の合唱団。

今年は日本とオーストリアの修好通商条約締結から150年の節目の年なので、日本のイベント多いんですよね。

練習場所に指定されたのは、ウィーン市立公園の近くにあるギムナジウム(学校)。

今回練習会場となったこの学校の住所はベートーヴェン広場(Beethovenplatz)という場所にあります。

名前の通りにベートーヴェンの像があるんですよね。

あら、シューベルトはこの学校の卒業生だったんですね。

今回この学校に足を踏み入れたのは初めてなんですが、、、

きれいですねー!
うちの子通ってくれないかしら。。(笑)

自分の通ってた中学校とはえらい違いだわ。
ていうか、なにこのバスケットコート(笑)


すてき。

練習会場のホールは最上階にあり、こちらも綺麗!


今回お隣に座ったバイオリンの男の子いわく、ウィーン市庁舎を設計した建築家が設計したんですって。

8時半から11時半まで3時間びっしりの練習でした。

指揮者も合唱団も日本人のお仕事だったので、あちこちで日本語が聞こえてすごくほっとするリハーサルでした。
明日は本番です♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました