眺望最高のウィーンのカフェ「オーベン」に行ってみよう

ウィーンには様々なスタイルのカフェがありますが、眺望が良いカフェというのはやっぱり特別ですよね。

ウィーン7区に位置する中央図書館の屋上には、観光客はあまり利用しない地元の人たちに愛される眺望抜群のカフェ「Oben(オーベン)」があります。

今回はウィーンのカフェ「オーベン」に行ってきたのでその様子をレポートしてみたいと思います。

※この記事は2018年の記事を2021年の情報でリライトしたものです

スポンサーリンク




カフェ「オーベン」への行き方

オーベンは地下鉄6号線Burggasse-Stadthalle(ブルクガッセ・シュタットハレ)駅からエレベーターで直通で訪れることができます。

また市電の6番、18番Urban-Loritz-Platz(ウアバン・ローリッツ・プラッツ)からも、徒歩2分で訪れることができますよ。

駅で電車を降りるとまず見えるのが、この階段。

この階段を地下に下って行くと地下鉄6号線のホームがあり、上に上っていくと中央図書館があります。

さらに頂上までのぼると、そこがカフェ「オーベン」。
オーベンってドイツ語で「上」って意味があります。
まさにオーベンですよね。

ちなみに階段は全部で102段あるので、カフェに行くまでに疲れ果てたくない人は駅構内にあるエレベーターを使うとよいでしょう。

カフェ「オーベン」の様子

エレベーターで屋上まで上ると、そこには可愛らしいテラス席が。

愛情たっぷりに作られた空間で、ほっと落ち着く雰囲気です。
席数はかなりあるので、大抵の場合は座ることができると思います。

店内はこんな雰囲気!

店内もモダンで素敵な雰囲気です。
夏季はこれで冷房が効いてたら満点なんだけどなー。
ガラス張りの建物なので、ちょっと暑いなあと感じることがあります。

窓際に席をとれば、こんな眺めが。
高い所にいると、清々しい気分になるのってなんでなんでしょうね?

スポンサーリンク




カフェ「オーベン」のメニュー

カフェ「オーベン」はメニューが充実していることも魅力の一つ。

平日は10:00~11:30、金曜は9:00~11:30、土曜は9:00~16:00まで注文できる朝ごはんメニュー(Frühstück(フリューシュトゥック))は、お腹いっぱい食べられて8,6ユーロから11,90ユーロとなかなかお得。(2021年10月現在)

平日限定のランチメニュー(Mittagsmenü(ミッタークスメニュー))は11:30~15:00まで注文可能で日替わりです。毎日来たくなっちゃう・・・。

ちなみにカフェ「オーベン」のランチメニューにはお肉メニューと野菜メニューがあるので、ベジタリアンの方にもおすすめのカフェなんですよ。

毎週日曜日には10:00~15:00までブランチが楽しめます。

ブランチはバイキング方式で、飲み物が一杯ついて大人は24,90ユーロ、4歳未満の幼児は無料、4歳から5歳は8,5ユーロ、6歳から11歳は12,50ユーロです。
日曜のブランチは予約が必須です。

夜はバーになり、遅くまで営業しているので、お酒が飲みたい人にもお勧めです。

カウンターはこんな感じでした。

わたしは今回休憩に立ち寄っただけなので、食事ではなく小腹を満たせるものを注文。

頼んだのは、この皮ざっくりポテト。

お店の手づくりなので、いかにも「じゃがいも」ー!って味がして美味しいですよ。
お勧めです。

OBEN Küche und Bar

住所:Urban Loritz Platz 2A, 1070 Wien
電話: +43 1 5227268
営業時間: 月曜日~金曜日 10:00~23:00 土曜日 9:00~23:00 日曜日(ブランチ) 10:00~15:00 祝日 休業
ホームページ:

https://oben.at/

スポンサーリンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました