バイオリンをレンタルできる会社5選

バイオリンを始めよう!

と決めた人がまず準備しなければならないのがバイオリン

用意するバイオリンはまず購入するか、レンタルするかを決めましょう。

バイオリンを始めたい!楽器は購入?それともレンタル?
何か習い事を始める時って、まず初期費用気になりますよねー。 バイオリンって、特に高そうですし! いきなり何十...

レンタルすることに決めたぞ、という人はバイオリンをレンタルしてくれる会社を探すことになります。

今回はバイオリンのレンタル会社をまとめてみたので、楽器のレンタルを検討している方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク




まずはレンタルすべき楽器のサイズをチェック

そうそう。
レンタルをする前に、どのサイズの楽器が必要かをまずチェックする必要がありますよね。

大人ならばフルサイズ(4/4)で大丈夫なのですが(小柄な方は7/8というサイズも稀に存在するので、お店の人に相談しましょう)、こどもは成長に応じて楽器のサイズが変わるので、必ず正しいサイズのものをレンタルするようにしましょう。

サイズの判断については、以下の記事を参考にしてくださいね。

[こども用] 分数バイオリンの選び方を説明するよ
今日、はじめてバイオリンのレッスンに来てくれた7歳の男の子。 颯爽と楽器を構えたところ。。。 あれ??なんか楽器...

さあ、必要な楽器のサイズがわかったらいよいよレンタル会社探しです。

スポンサーリンク




バイオリンをレンタルできる会社を挙げていくよ

今日では本当にたくさんのところがバイオリンを貸し出してくれるサービスをしているようです。

レンタル料金、サービスなどそれぞれ会社によって特色があるので、希望の予算の楽器や希望のサービスがある会社を選びましょう。

・音レント
ヤマハ楽器レンタル・防音室レンタル「音レント」| 楽器/弦楽器/バイオリン分数サイズ | 株式会社ヤマハミュージックジャパン
(株)ヤマハミュージックジャパンが提供する楽器・防音室のレンタルサービス「音レント」。リーズナブルな料金で手軽に楽器や防音室をレンタルでき、お支払い済みレンタル料を充当して途中購入も可能です。バイオリン分数サイズ

レンタル 費用2,100~1,1500円(1か月 税抜き)

・ヤマハの楽器をレンタルしてくれる会社
・レンタルした楽器が気に入った場合はそのまま買取も可能。(レンタル料金が充当される)
・最低/最長レンタル期間あり

今まで支払ったレンタル代金が買い取り料金に充当されるので、続くかわからない人はとりあえずレンタルしてみてみるのもありだと思います。

ヤマハのバイオリンは分数サイズでもそれなりのお値段がするので、すぐにサイズが上がるこどもにはレンタルの方がお得な場合が多いです。

・篠崎バイオリン工房
レンタル ヴァイオリン&チェロ : 篠崎バイオリン工房 Atelier Luthier SHINOZAKI
埼玉県比企郡滑川町でバイオリン、ビオラ、チェロ製作を行っています。 弦楽器のメンテナンス、修理も承ります。

レンタル費用 2,800円~4,000円

・1か月単位でレンタルが可能
・レンタル期間が長くなると割安になる

・肩当て、松脂などの小物もレンタルできる
・紛失、盗難のための保険オプションあり
・調整代もレンタル料金に含む

短い期間から貸し出してくれるため、「やっぱりやめた。。」となる恐怖から解放されますね(笑)

肩当てなどの小物は普通は購入することになるのですが、ここではレンタルすることも可能ですので、すぐにサイズアップしてしまう小さなお子様には便利だと思います。

・日本バイオリン
ハイクラス レンタル | 次の世代へ、確かに受継ぐ、日本ヴァイオリン。ストラディヴァリウスを始めとした一級品オールド弦楽器を数多くの著名演奏家や音楽財団、博物館へ納めてきた信頼と実績。
次の世代へ、確かに受継ぐ、日本ヴァイオリン。ストラディヴァリウスを始めとした一級品オールド弦楽器を数多くの著名演奏家や音楽財団、博物館へ納めてきた信頼と実績。

レンタル料金 4,900円(1か月 税込み)

・最低レンタル期間1か月、最長3か月、それ以降は延長
・返却時に弓の毛の交換代金実費が必要
・補償金15,000円が必要
・買取はレンタル料金の9割が充当される
・日常のメンテナンスを無料で受けられる
少し費用は多めですが、レンタルできる楽器の値段カテゴリが高めです。
・シャコンヌ
レンタル費用 楽器+弓+ケース 5000円
       楽器+ケース   4000円
・最短期間1か月~最長期間24か月まで貸出可能。延長は1か月単位
・レンタル期間が長くなると、レンタル料金が割安に
・レンタル期間終了後に同クラスの楽器を購入すればレンタル料金として支払った12か月分までの額の8割が充当される
・レンタル時に補償金としてレンタル料金の1か月分が必要
・修理が必要になった場合は補償金から金額が引かれる
・消耗品の交換は実費
大手の楽器屋さんです。
分数バイオリンでも、購入したら100,000円相当の楽器をレンタルすることが可能です。
長くレンタルすると割安になるので、長く続ける覚悟がある人は年単位で借りるとお得でしょう。
・アマービレ
レンタル費用 2,500円~50,000円(100万円以上の楽器は応相談)
・初回整備代として5,000円が必要
・3か月毎の支払い
・レンタルした楽器の買取も可能(別途費用が必要)
関西で大手の音楽教室ですが、生徒さんでなくても楽器レンタルが可能です。
関西の方は視野に入れてみるとよいかもしれません。

楽器以外に必要なもの

上記に挙げたレンタル会社は、初心者用の楽器は大抵楽器と弓、そしてケースをセットで貸してくれます。

そのほかにバイオリンを弾くのに必要なものについては、以下の記事にまとめてあります

バイオリンを始めるのに必要なものリストアップしてみたよ
今からバイオリンを始めてみたい! 子どもがバイ...
肩当てについては賛否両論なのですが、あった方が弾きやすいという方が多いので、個人的には用意した方がよいと思います。

肩当てにもサイズがあるので、楽器と同じサイズのものを購入するように気を付けましょう。

松脂も、レンタルについてこないのであれば是非用意しましょう!
肩当てや松脂は、レンタルをする楽器屋さんで購入できますし、インターネットでも普通に購入可能です。

まとめ

いかがでしたか?
希望にあったレンタル会社は見つかったでしょうか?
不安なことやわからないことがあれば、会社に電話やメールで問い合わせをするとよいでしょう。
バイオリンを始めるのが待ち遠しいですね!

スポンサーリンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました